2007年08月05日

白ワイン用ぶどうの品種

<白ワイン用ぶどうの品種>
 主な白ワイン用のぶどうの品種は、シャルドネ、ソヴィニヨン・ブラン、セミヨン、リースリング、ミュスカデ、ゲヴュルツトラミネールなどがある。

シャルドネ
 モンラッシェやシャブリを作る品種で世界的に人気がある。モンラッツェはアレクサンドル・デュマが賞賛した最高級品。シャルドネが栽培されている地域は、フランスでは、シャンパーニュ地方、ブルゴーニュ地方、アメリカでは、カリフォルニア、オーストラリアです。

ソーヴィニヨン・ブラン
 高級なボルドー・白ワインの原料ぶどう。ボルドー地方以外では、ロワール地方。

セミヨン
 貴腐ワインを作る代表的な品種。ボルドー地方で成功している。

リースリング ドイツ・ワインの代表的な品種。寒さに強い品種だが、成熟が遅く、栽培も難しい。

ミュスカデ
 極辛口のワインとなる。ロワール地方の大西洋に面したナント
地区で栽培され、同名のワインが作られる。

ゲヴュルツトラミネール
 ドイツの品種。アルザス・ワインが有名。ライチの実のような香りがする。”ゲヴュルツ”とは、香料という意味。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4927727
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック