2007年08月05日

赤ワイン用ぶどうの品種

<赤ワイン用のぶどう品種>
 赤ワイン用のぶどうの品種としては、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルロー、ピノ・ノワール、ガメイ、シラーなどがある。

カベルネ・ソーヴィニヨン
 ボルドー地方の代表的な赤ワイン用のぶどう品種。色が濃く、タンニンの渋さが強く、熟成には時間がかかるが良質のワインになる、といった特徴がある。
 フランス以外では、カリフォルニア、オーストラリア、イタリアなどでこのぶどう品種で成功している。

カベルネ・フラン
 特徴が少ないのが特徴の赤ワイン用のぶどう品種。すみれの香りや青ピーマンのような野菜の青くささが特徴。

メルロー
 タンニンが少なめでソフトでコクのあるワインとなる。また、成が早いという特徴がある。シャトー・ペトリュスなどがこのぶどう品種を使っている。

ピノ・ノワール
 ロマネ・コンティのぶどう品種であることで有名。梅の香りがある。

ガメイ
 ボージョレ・ヌヴォーのぶどう品種であることで有名。フレッシュでフルーティーであることが特徴。

シメイ
 濃い紫色を帯びた赤色で、アルコール度、タンニン分が高く、柔らかみがあることが特徴。コート・デュ・ローヌ地方で栽培されている。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4927914
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック