2007年08月05日

ワインのサービス温度

<ワインのサービス温度>

 サービス温度がワインの味わいに与える影響

ワインのサービス温度を低くした場合
 ・フレッシュ感が際立つ
 ・果実香など第1アロマが際立つ
 ・第2アロマが際立つ
 ・味わいがドライな印象となる
 ・酸味がよりシャープな印象となる
 ・バランスがよりスマートになる
 ・苦味,渋味が強くなる

ワインのサービス温度を高くした場合
 ・香りの広がりが大きくなる
 ・熟成感、複雑性が高まる
 ・甘味が強くなる
 ・酸味が柔らかくなる
 ・ふくよかなバランスとなる
 ・繊細さが抑えられる
 ・苦味、渋味がより快適な印象となる

posted by ken at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインの雑学

ワインの保存

<ワインの理想的な保存条件>

 ワインを保存する際、理想的な条件は、
・温度:年間を通じて、12〜14℃
・湿度:70〜80%
  (湿度が低すぎると、コルクが乾き、品質劣化を起こす。)
・場所:暗所。必要時のみ、白色光が点灯できるところ。
   (蛍光灯は不可)
・置き方:ラベルを上にして横に寝かせる
    (コルクを乾かせておくことと、そのままパニエにいれてもっていくことができる)
・振動がない場所
 (振動によりワインが劣化する)
・異臭がない場所
 (異臭がワインつく恐れがある)

posted by ken at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインの雑学

ワインの成分

<ワインの成分>
 ワインの主な成分は水だが、エチルアルコールが6〜14%ある。アルコールの度数は12.5%程度のものが多い。

●甘味の成分
 アルコール発酵の際の中間生成物のグリセリンが甘味の成分。良質なワインに多く含まれる。ワインに柔らかさと粘ちょう性を与えて、味わいに厚みを加える。また、アルコール自体や発酵後に残った残糖分も甘味のもととなる。

●酸味
 ワインの中に入っている有機酸には、酒石酸、クエン酸、ガラクチュロン酸、乳酸、コハク酸、酢酸、グルクロン酸などがあるが、直接、酸味に影響するのは、リンゴ酸と乳酸。

●苦味・渋味
 ぶどうの種、熟成に用いる樽材から抽出されるタンニンが渋味の成分。また、ワインの色素で皮に多く含まれている、アントシアニジンも苦味、渋味のもととなる。


posted by ken at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインの雑学

2006年11月04日

ワイン(wine)の歴史

<ワインの歴史>

 葡萄酒のこと。フランス語でヴァン(vin)、イタリア語ではヴィノ(vino)、ドイツ語ではヴァイン(wein)。語源はラテン語のヴィヌム(vinum)。
 紀元前、3000年ころのメソポタミアでチグリス川から出土した粘土板
文書にしるされていたシュメール王ギルガメッシュ叙事詩に赤や白の
ワインがうたわれている。ワインは古代のエジプトやギリシアに伝えられ
古代ローマ帝国の拡大とともに西ヨーロッパへ広まった。
 フランスでは4世紀ころ、ボルトー地方やロワール川流域に広まり
5世紀にはローヌ川、ソーヌ川の渓谷沿いにブルゴーニュ地方からシャン
パーニュ地方へとワイン作りは伝えられていった。
 ドイツのライン地方で古代ローマ人による葡萄栽培が行われたのは
2世紀初頭のことであるが、9世紀初頭シャルルマーニュ大帝の奨励策
もあって、現在の基礎が築かれた。
posted by ken at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインの雑学